読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆在住ライター小林ノリコの伊豆グルメ情報+∞ (仮)

毎週火・木曜更新。 covanonwriting.themedia.jp/

若い人がなぜ自治体の役員になりたがらないか、行政はもうちょっと考えた方が良い

今年の3月末で、1年間務めた自治体の隣組班長の役割が無事終了しました。

しかし、本年度の●●委員(自治体の各隣組で毎年持ち回りで担当しているらしい)をやってくれる方がまったく見つからなかったので、まわりまわって結局、私に押し付けられることになりまして……残念ながら今年も、自治体とガッチリ関わることになってしまいました。

 

先日早速、●●委員会の初顔合わせに行ったんだけど、集った人たちはみんなお年寄りばかり。若い人の顔が見えない。

●●委員は行政が主導で動いているらしく、その担当者に「よかった~!若い人に来ていただいて。若い人にもっともっとこの委員会に参加してもらいたいんですよ!全然参加してもらえなくて」とボヤかれたんだけど、そりゃ当然だよなと。

 

その●●委員会の会合は、5月と9月と12月以外の毎月1~2回開催(そのほかイベントお手伝いの呼び出しあり)。平日の午後1時~4時まで拘束。1年間の任務が終わると一応、薄謝がいただけます。

 

なぜこのスケジュールなのかわかる?

ヒントは田んぼと畑だよ!

もうわかったよね。

 

主な農繁期(田植えの時期と刈り入れの時期)に加え、年末には基本やらない。

農作業は早朝~午前中が中心だから、招集は午後。
行政がいっしょに動いているから、イベント開催日以外、土日は何もしないのです。

 

地域で一戸建てに住んで隣組に入ってるような若い世帯って、大抵、小さな子どもがいますよね。

午後1時~4時って、子どものいる家庭は、お迎えとか下校とか塾(習い事)で、てんやわんやしている時間帯。フルタイムで働いている人だっている。

それなのに、託児コーナーも用意せず時間帯の考慮もせず、「なんで若い人は委員を受けてくれないのか」って聞かれても……ねえ……。

昔から住んでいて親と同居している若い世帯は、親と世代交代してまで世帯の代表になろうとする人はほとんどいないですし。


そりゃ年寄りしか来ないだろ。


そういえば、40年以上地元で美容院を経営してる叔母が「昔は雨の日に美容院が混んだものだけど、ここ10年ぐらいで、晴れている日が忙しくなった」と言っていた。

パーマのかかり具合の問題ではない。時代というか、世代が変わったのだ。

 

(わからない人のために解説すると、昔は農作業の手が空く雨の日にパーマをあてに来たが、その時代に美容院に来ていたお客さんは歳を取って、農作業を引退する人や廃業した人が増えたので、晴れた日に来るようになった。徒歩で来るお客さんが多いので、みんな晴れた日を選んで来る。雨の日はヒザ痛いし)

 

田舎の美容院でさえこの事実に気づいているのに、そういうところにいちばん敏感でいなければいけない行政は、まったく気づいていないんだ。いや、気づいてるけど、気づかないふりをしているのかも。

 

いや、もう、衝撃。
これたぶん、行政に言っても、何も変えないんだろうな。

移動式古本販売プロジェクト「あとらす書房」始動!

伊豆在住フリーライターが独断と偏見で選書し、各地のフリーマーケットや古本市をまわる、古本販売プロジェクト「あとらす書房」が始動します。

後日、あとらす書房専用サイトも制作する予定です。

 

本格始動は5月29日(日)熱海市「ITOGAWA 1BOX MARKET」にて。販売する古本の内容は未定ですが、イベントのテーマに沿った選書をする予定です。音楽CDも少し持っていきます。

ITOGAWA 1BOX MARKETの詳細

https://hala9000.sakura.ne.jp/itarian/1box/

 

「ITOGAWA~」には以前から出たいと思っていて、主催者様と昨年から出店をお約束していました。昨年度は町内会の仕事が土日にあって出られなかったので、3度目の正直の出店です。

当日は「海辺のあたみマルシェ」も同時開催していますので、ぜひお越し下さい。

 

プレオープンとして……

5月21日(土)沼津市「自然食レストラン わが家の台所」で開催される『月1・わが家のフリマ ドンナ 青空マーケット』へ出店します。

こちらでは、「食」に関連する書籍を中心に選書する予定。いっしょに出店する実妹は、子ども服(メーカーものの古着)を販売する予定です。お散歩がてら、ぜひお越し下さいね!
※フリマドンナは午前中のみの開催です。

 

フリマドンナについての詳細

http://www.at-s.com/event/article/fleamarket/153145.html

「あなたを悪いようにはしないから、私のためだけに生きてね(はあと)」。ドリームキラーは家の中にいた

このブログで何やかんや、「自由になれ!」的な話を度々してきましたけど、ここへ来てドリームキラーの思わぬ邪魔が入りましてね。

 

ここ数週間、取材~セミナー~新規の仕事の打ち合わせ~フィールドワーク~毎年の恒例行事(正直言うとFLT)~友人との会食(呑み)が立て続けに重なり、すっごく楽しく動いています。朝早く起きて仕事していると、昼間よりも仕事が早く進みます。それに、用事が1日1個でもあると時間をダラダラ使わなくなるし、睡眠もしっかり取ろうと思うわけです。私みたいなナマケ者は、忙しくしているほうが逆に効率よく動けるんですよね。

 

しかし、同居している義母にとっては、嫁が忙しくしているのが面白くないようで。なるべく週3回の透析日には仕事を入れないようにしているのですが、ここ数週間、私は毎日外出していたわけですね。「本当は夕飯を17時には食べたい」って言ってたし、もしかしていろいろ不自由をかけていたのか、と謝ったらそうじゃない。

 

私が頻繁に外出したり朝早くから仕事していることが恐ろしく不安なのだそうだ。

「のりちゃんは血圧が高いのに無理をして仕事をしている。お金がないに違いない!不自由をさせてしまっている!申し訳なくて申し訳なくて」と悲しくなって、毎晩まったく眠れなかったという(めんどくせえな)。

 

とても思いやりがあって素敵な言葉に聞こえるでしょう?

のりちゃん、あやまりなよ可哀想!と思うでしょう?

でもね、本質は言ってることと違うんですよ。

 

 

基本、義母の活動範囲は半径5km(2~3kmかも)です。

「奥さんが働く=悪」

「消費・経済活動=悪」

「旅行=年をとってからすればいいこと」

「レジャー=悪」

「夜の外出=悪」

「習い事=悪(無料なら良い)」

「何かのプロや何かを成し遂げている人は、特別な才能があるからであって、あなたには絶対にできるはずないから努力する必要がない」

「危ないから、私の送迎以外では車の運転をして欲しくない」

「女が出しゃばるとろくなことがないから、特別なことをしないで」

こういう考え方の人なんで、私はなぜ仕事をするのか、家事と両立させてでも成し遂げたいことは何か……なんて、何をどう言っても理解できないわけです。自分でも「のりちゃんのやってることは、どう理解しようとしてもわからない」と言ってましたし。

でしたら理解してもらわなくても結構なんですけどね。

 

で、昨日話し合いをしていちばんビックリしたのが

「旅行や遊びなんて歳をとってから行けばいいの。今はどこへも行かず余計なものを買わず、厳しく節約して貯金をしなさい。私はずっとそうしてきた」

と言われたこと(だからと言って、いま大金持ちってわけじゃないんだが)。重病人だから命の大切さを身を持って知っていると思いきや、「私以外の人は健康でずっと生きられるクセに何言ってんの?」という思考なんですよ。

「私は悪者ではない。のりちゃんは働かなくても良いのよ。悪いようにはしないから私のために生きてね(はあと)」というわけだ。結局は、自分が死んだあとの他人の人生なんて、さらっさら考えていない。「自分が死んだら地球も死ぬ」と思ってるタイプだ。めんどくせえな。

この人の言うことをしっかり信じて丁寧に対応し、新規の仕事を断り続け、外界からの情報をシャットアウトし、妊活にのめり込み、私は10年間をすっかり無駄に過ごしてきた。

 

よく、「あなたの実績をきちんと見せて説明してごらんなさい。お義父さんお義母さんも、あなたの仕事を理解してくれるはずですよ(^_-)-☆」みたいな、畑毛温泉ばりにぬるいアドバイスを頻繁にいただくんですけど(いらないって言ってんのに)、そういうの焼け石に水なんですよ、こんなんだから。

最初の段階でもう受け入れる気がない。掲載雑誌を見せようとしたら、「あ、そういうのいらないから」って突っ返されたもんね。

 

だったらもう、永遠に理解してくれる必要ないですよ。私の「覚悟」は10年前とはちがうんだ。

みんなも気をつけろ!ドリームキラーはお前らの家の中にいるかもしれないぞ!


追記: おかげさまでスッキリしましたが、こういったことをテーマにブログを書くのは、今日で最後にしたいと思います。ドリームキラーのことを考えるのは時間のムダ。泣かれてもわめかれても自分の道を進みます。

「やりたい事があるのに出来ない」っていう君に贈りたい歌がある

隣組班長の仕事を預かっている立場上、冠婚葬祭や入退院の話をよく聞くのだが、「働き盛りのお父さんが突然倒れた」もしくは「急に亡くなった」という話を(ほかの隣組の人の話を含めて)ここ何年かで数件聞いている。

働き盛りといえば、30代~50代ぐらい。「一度も体調を崩したことがない」とか「スポーツマンで毎週末何かしら運動している」という、比較的健康な人が突然……というから、人の運命って本当にわからない。

きちんと定期検診を受けていても、見逃しがあったり、次の検診までの間に突然悪化することだってある。病気にならなくても、事故に遭うかもしれないし、天災で命を奪われることがあるかもしれない。

あと何年生きていられるかなんて誰にもわからない。どんな人にも平等に死は訪れるのだ。

 

悲しいですか?絶望ですか?

 

でも、それがわかっていればどうってことない。

無敵ですよ。何だってできる。

人生なんて、どうせ死ぬまでの間の暇つぶしだぜ。

 

もしあなたにやりたい事があるなら、今この瞬間から始めたほうがいいと思う。若さは永遠に続くわけじゃない。年老いたらできなくなることだってたくさんある。だから今始めるんです。

私はわりと周りに流されやすくグズなきらいがあるから、すぐに楽な方へ逃げたくなってしまう。そんな時、故・野坂昭如さんの歌「終末のタンゴ」を口ずさむ。

 


「終末のタンゴ」 野坂昭如      (作詞:能吉利人 /作曲:桜井順)

 

本来この歌は、

「いつか御終いになるんだ、ってことがわかってれば、あんまりイライラすることもない」野坂昭如氏・談。クレイジーケンバンドライヴアルバム『青山246深夜族の夜』より)

っていう内容なんだけど、私はちょっと違った解釈で受け取って、自分を動かす歌にしている。

 

どんなことにも終わりがあるとわかっているからこそ、今この瞬間を全力で走ることができるし、終わる前に次の一手を打つことができる。

どんなことにも終わりがあるとわかっているからこそ、あきらめがつくし、また立ち直ってスタートすることもできる。

 

そんな風に、都合よく意味を取っている。野坂先生が聞いたら「オイオイw」っておっしゃるだろうけど(歌詞の2番に下ネタが入ってるし)、誰がなんと言おうと、この歌がダメな私の背中を押してくれるのです。


********************

伊豆在住フリーランス・ライター小林ノリコ

「かつおぼん」無料配布中です

https://covanonwriting.themedia.jp/posts/357697

 

お仕事のお問い合わせやご依頼はこちらから↓

伊豆在住フリーランスライターのウェブログ

 

プロフィールや仕事の経歴などはこちら↓

covanonwriting.themedia.jp

便利で何でもありの時代だけど、ものには順序というものがあるっていう話

ここ10年ほどで、ビジネスのやりかたや価値観が大きく変わった。便利な世の中になったけど、まだまだ、昔のやり方でないと通用しないこと、昔のやり方だからこそ通用することがたくさんある。

特に地方ではね。

今日はそんなお話しです。

 

ある年の12月に入ってきた超短納期の店舗取材。

  • 取材対象の店には、元請の出版社の担当が趣旨を説明済み
  • すべての店から取材OKが出ている
  • ライター(私)は電話で取材日時だけ決めて取材に行けばよい

という依頼だったのに、実際は4軒中1軒しか取材OKが取れていなかった。

そのうちの2軒から「そんな話知らん(略)」と電話口で経緯の説明を求められ、最初から説明し直した。さらにもう1軒は「とりあえず来て」と言われたので、店へ行ったらお客様の目の前でオーナーシェフから2時間も怒鳴られるという始末……。

どうやら、取材OKが取れていなかったのは、出版社の担当者(新入社員)の行き違いが原因だったらしい。


取材の準備段階の方法を聞くと、実際に掲載したい店を足で回ってアポイントを取ったのではなかったようだ。
掲載料を取らず無料で掲載するお店には、書籍掲載・取材の案内を郵送(電話でお願いした店もあるらしい)。OKの返事が帰ってきたお店を取材するという手はずになっていたそうだ。「趣旨説明済み」というのも、郵送した案内のことだったらしい。
 
まさか「担当者が面倒くさくなり、取材アポがうやむやになったまま下請会社(間に入ってくれた会社)に取材先リストが下ろされた」なんてことはないと思いますが(棒)。

その後、私に対して直接の説明がなく、間に入った会社の人から「ライターさんにゴメンネって謝っといて!」との伝言を受けただけなので、細かい経緯はとうとうわからないまま。
 
……っていうか、「ゴメンネ」で済む話かね、これ。
 
 
この出版社は当地に初進出で、その本は記念すべき第一冊目となる書籍だったのだそうだ。だったら、何カ月も前から現地へ足を運び、もっとていねいに地盤を固めていくべきではなかったか。

「掲載したいなら店まで来て頭を下げるのが筋」という考えの経営者も、土地柄少なくない。くだんの、2時間お叱りくださった店のオーナーシェフをはじめ、他の店でも同じようなお叱りをいただいた。
「掲載店舗数が多すぎるから、ひとりで挨拶回りは無理」と言うのなら、せめて電話で店長さんなりオーナーさんなりと直接話をするべきではなかっただろうか。

間に入っている会社を信頼して仕事を受けたのだが、何とも後味の悪い結果になってしまった。もっと細かく、どうやってアポを取ったのか、どの程度営業をしてどういうやり取りをしたのかなど、無理やりにでもお願いして聞いておくべきだったと反省。
 
私にとって、学ぶことがとても多い一件だった。
 

********************

伊豆在住フリーランス・ライター小林ノリコ

「かつおぼん」無料配布中です

https://covanonwriting.themedia.jp/posts/357697

 

お仕事のお問い合わせやご依頼はこちらから↓

伊豆在住フリーランスライターのウェブログ

 

プロフィールや仕事の経歴などはこちら↓

covanonwriting.themedia.jp