静岡県東部伊豆取材2,000件!フリーライター小林ノリコ

毎週火・木曜更新。 covanonwriting.themedia.jp/

伊豆で文筆業を営んでおります。 ポータルは covanonwriting.themedia.jp/ Instagram(@covanon66)も見てね☆

働き方

47エッセイで連載中の「春夏秋冬ゆる伊豆だより」更新のお知らせと、熱海ゲストハウスMARUYAのクラウドファウンディングのお知らせ

地方発いいもの発見プロジェクト「47PR」内の「47エッセイ」で私が連載させていただいている「春夏秋冬ゆる伊豆だより」が更新されました。トップページ右の「食旅エッセイ」というバナーをクリックするとエッセイのページに飛びます。 <a href="http…

ボイメン・小林豊さんの活躍に見つけた、5つのブランディング手法

今朝、テレビ朝日のワイドショー番組『グッド!モーニング』で、名古屋を拠点に活動しているグループ「ボーイズ・アンド・メン」(通称ボイメン)のメンバー、小林豊さんの活動が紹介されていました。 元パティシエの経験があり、製菓衛生師免許を持っている…

自分がガラパゴス化していた時の話

今日はちょっとぶっちゃけてみよう。 今、こうやって当たり前のようにSNSとブログを使って広く情報を発信したり、仕事の受注や連絡などをしていますけど、2年くらい前までの私は、電話とFAXとEメールだけのクローズドな状態で仕事していたんですよ。 お恥ず…

ざっくりとした目標の次に考えた、今後の活動3つの柱

4年前、一念発起してフリーランス・ライターとして再スタートを切り、昨年からこのブログとホームページを立ち上げた。 自分はいったい何をやりたいのか。どんなことを書くのが一番楽しいのか。自分にしか書けないこと・できないことは……? ここ1~2年、気…

失礼な仕事依頼のメールがあとを絶たない原因を考えてみた

仕事用のホームページを設置してから、ありがたいことに新規の仕事のオファーをいただくようになりました。感謝感激でございます。目に留めていただき、本当にありがとうございます。 そのホームページを作る時、様々な職種のフリーランサーさんのホームペー…

地元ライターは「ひとり三役」が常識

静岡県内の雑誌・書籍の制作現場は、編集者とライターの仕事の住み分けが非常に曖昧なので、 「それは編集者(部)の仕事だろうがああああ!」 と叫びたくなることが多々あります。必要とあらば、ロケハンや下見を自腹で勝手にやってしまう私(当然ロケハン…

フリーランス・ライターは広告営業の人ではない

取材オファーのとき、また「広告ですよね?」って聞かれているので、時々、こういう内容を挟んでいきたいと思います。 フリーランスとして活動し始めた約10年前から、広告営業を伴うお仕事は一切受けないスタンスです。 当然、私は営業の業務には一切関わら…

TOKYO WORK DESIGN WEEKでの収穫

先日、TOKYO WORK DESIGN WEEKの11月23日のチケットが当たったので、渋谷ヒカリエまで行ってきました。 お目当ては米田智彦さん(ライフハッカー日本版編集長)、伊藤洋志さん(ナリワイ)、馬場未織さん(南房総リパブリック)のトーク「多拠点のライフデザ…

プロのクリエイター同士が分業することの意味

お仕事のお問い合わせで、「誌面デザインからコンテンツの作成・ライティングまで一括で受けて欲しい(完パケでの納品)」「ホームページ(WEB)のデザインをお願いしたい」とお問い合わせいただくことがあるのですが、私は取材とテキストのライティングのみ…

ボヤいてる暇はない。この企業に行動力を見習おう

先月11月17日のニュースなんだけど、「航空機の炭素繊維 東レがボーイング 社から1兆円の受注」というビッグ・ニュースが飛び込んできました。 東レ、炭素繊維1兆円分を受注 ボーイング航空機に独占供給 毎週楽しみに聴いている、ニッポン放送『ザ・ボイス …

拙ブログのリニューアルに際して思うこと

せっかくホームページをリニューアルしたので、 これからの仕事の方針を少しずつまとめて、ブログに書いていきたいと思います。 「大量件数発注の店舗・施設取材、フリーペーパーなどの媒体で広告営業が伴うお仕事は、基本的にお受けしておりません」 今回の…