読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆在住ライター小林ノリコの伊豆グルメ情報+∞ (仮)

毎週火・木曜更新。 covanonwriting.themedia.jp/

某病院・喫茶室のモーニングセットがちょっとした価格破壊

静岡県東部・伊豆の大きな公的施設には、意外と、自前の食堂とか喫茶室といった場所がありません。

市役所とか図書館、病院、大学といったところにも、一般でも入れるような食堂があるという話はほとんど聞きません。順天堂大学伊豆病院でさえ、食堂・喫茶室がなくなり、現在ではコンビニに変わってしまっています。

ですから、雑誌で「一般人でも入れる社食特集!」なんていう特集が組みづらいのです。

 

まあ、あったところで、「クオリティには期待しない」っていう人が多いのかも。

しかし、先日行った、伊豆にある某病院の喫茶室のモーニングセットには驚いた!

 

このボリュームでなんと300円!

コーヒー抜きで300円だと思ってしまい、間違って余計にコーヒーを買ってしまったアホの私……。

 

写真はAセット。パンは5枚切り(?)が1枚。少し厚めでふわふわ。香ばしくトーストしてあって、適度にバターが塗ってあります。

トマト入りサラダ、ハム、フルーツ、そしてゆでたまご

コーヒーだって悪くない味です。(朝だから煮詰まってないのかもしれないけど)

 

この、モーニングの基本がそろって300円!繰り返しますが300円っ!!

 

この辺りの、ちょっとした喫茶店に入っても、だいたい400円だなぁ。

食パンはハーフで、サラダは付かないお店が多い。

 

いくら東海地方とはいえ、静岡県東部・伊豆に名古屋文化は浸透していないので、モーニングセットはあまり身近なものではないのです。

 

そんななか、このボリュームでこの値段は、まさに価格破壊

病院の中の喫茶室だからこそできる価格と内容なのでしょう。

 

ちなみに、Bセットは卵がスクランブルエッグになり、400円。

500円でお釣りがくるとは!!

 

しかも、朝はほとんどお客さんが来ていないので、喫茶室内はとても静かなのです。

……とはいえ、ここは病院なので、用事がなければ来たくはないですよね(苦笑)。風邪やインフルエンザなどをお持ちの方が来るかもしれませんし。

でも、通院や入院をされている患者さんの、ささやかな楽しみのひとつになるのではないでしょうか。

 

静かに長く、続けて欲しい喫茶室です。