伊豆在住ライター小林ノリコの伊豆グルメ情報+∞ (仮)

毎週火・木曜更新。 covanonwriting.themedia.jp/

ズボラ嫁が年末年始だけデキル嫁になるたった1つのポイント

12月21日の日曜日、ショッピングモールの隣にあるホームセンターまで、年末の買い物に出かけたんだけど、あまりの混雑ぶりに驚いた。

「にぎわってる」っていうレベルじゃないんだぜ!「ヒィィィィィ~来るんじゃなかったァァァァ~!」って後悔するレベルなんだぜ!

駐車場はどのエリアも満車。広い駐車場内を2周ほどして30分以上待ったあと、奇跡的に目の前に1台だけ空いた駐車スペースにようやく車を入れることができた。

っていうか……去年はクリスマス前にこんなに混んでたっけ!? もしかして景気が上向きになってきているってことなんだろうか。 

 

年末にこんな特別な出来事があったら、すぐさま手帳に記録。最近はそうやって、いちいち記録に残すことにしている。

 

私はもともと、ぐうたらで面倒くさがりで超ズボラな性格なので、自慢じゃないが、家計簿なんかつけたことがない。正確には、つけても三日坊主で終了!っていうパターンを何度も繰り返しているタイプ。これマジ最悪な嫁だわ……自分で言うのも何だけど。

 

しかし、ここ2~3年、仕事が忙しくなるにしたがって、年末に行き当たりばったりで動くことができなくなってしまった。何とかならんもんかと考えたあげく、敵(=正月)が来る前に先手を打つことにしたわけだ。

とにかく買ったものはすべてメモ。クリスマスケーキや年越しそば、オードブルなどを予約した日もメモレシートはすべて貼り付ける

その日の道路状況や天気、気温、店の混雑具合や商品のことなど、気付いたことはすべてメモしておく。

年末は交通渋滞で事故が起きやすいので、車の運転が下手な私は、正月用品のほとんどを生協で注文して配達してもらっている。刺身やオードブルは確実に美味しい店のものじゃないと嫌なので、これだけは大晦日の夕方に受け取りに行っている。その時、ついでに足りないものや買い忘れたものを購入。とにかく、車で移動する距離と時間を削る。渋滞でイライラするのが嫌だからである。

 

記録を取り始めてわかったんだけど、年末年始に必要なものって毎年だいたい同じなんだよね。だからその年ごとに、特別変わったものを買わなくたっていい。うちは年寄りばかりの家なので、余計な物を買っても使わないし食べないし。

その年に買った食べ物が、家族にウケたかどうかとか、購入した量は適正だったかも書き加えておくと、翌年同じ失敗をせずに済むよね。

それから、大晦日~正月3が日以外の日の朝昼晩ご飯の記録も付けておくと、年末年始の食事の準備がさらに楽になる。

 

あ、そうそう。マメな嫁さんは1年を通してやってると思うけど、ズボラ嫁は年末年始だけでも、贈答品(誰にいくらの何を贈ったか)とお年玉(何歳の誰にいくらあげたか)の記録しておくと良いよね。特にお年玉は「ピン札」を用意する手間があるので、どのくらい用意しておけばいいのか事前に見当をつけることができる。

私の統計では、12月25日あたりを過ぎると銀行が激混みになる上に、銀行が準備した「ピン札」が品切れになる場合があるので、その前に両替を済ませておきたい。

 こうして、買ったもの・やった事だけでも記録をつけておけば、忙しくて考える時間がなくても、前年の記録を見て同じことをすればいいわけだから、年末年始の準備がぐんとやりやすくなるはずだ。

「正月準備で疲れ果て、寝正月になってしまった」なんて事態を事前に防げるので、余裕を持って楽しいお正月を迎えることができると思う。

 

それでは、ズボラ嫁諸君の健闘を祈る。