読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆在住ライター小林ノリコの伊豆グルメ情報+∞ (仮)

毎週火・木曜更新。 covanonwriting.themedia.jp/

小道の駅「うめロク商店」が、沼津市戸田「道の駅 くるら戸田」の斜向かいに2015年4月1日オープン!

食べること 伊豆ライフ

今日は小雨降る中、沼津市戸田(へだ)にある「うめロク商店」へ行ってきました。

お店の場所は、道の駅「くるら戸田」の斜め向かい側。そして本格オープンも本家(!?)道の駅と同じ2015年4月1日。この大胆不敵さ、お店の並々ならぬ自信と本気度の高さを感じますね。なんと本家・くるら戸田公認、「小道の駅」という愛称が付いています。ぬかりない!

お店自体が開いているのは土・日曜、祝日。平日は、買い物困難地域に住む方々の御用聞きや配達などを行っているそうです。

f:id:coby_cova66:20150214142612j:plain

「ごはんのお供のセレクトショップ」をキャッチフレーズに、自家製梅干しや藤枝のお茶農家直送の茶葉、海苔、削り節や西伊豆伝統の塩かつお、農場直送の卵など。

「自分たちが幼い頃に食べた、旬の食材やシンプルでストレートな伝統食品を、今の子ども達につないでいきたい」

と、店主自ら選んだ激推しの逸品が、店内に所せましと並んでいます。しかも手頃なお値段で買えちゃう。どれも美味しそうで迷っちゃうな~♪

f:id:coby_cova66:20150214124545j:plain

 ↑小山町で化学肥料や農薬を使わずに育てられた梅と、塩、箱根西麓産のシソで漬けたシンプルな梅干し。大ぶりで昔ながらのしょっぱい梅干は、梅肉和えやドレッシングの素材としてもピッタリですよ。

f:id:coby_cova66:20150214124446j:plain

 ↑化学肥料・農薬を使わない自然農法で作ったほうじ茶と煎茶。お試し価格で買えます。購入した翌日、義母の知人にこの煎茶を淹れてお出ししたのですが、「美味しいですね」とお褒めの言葉をいただきました。

f:id:coby_cova66:20150214124603j:plain

↑ごはんや麺類のトッピングに、お味噌汁やスープの具材に抜群のアシスト能力を発揮する「バラ海苔」。 

f:id:coby_cova66:20150214124515j:plain

↑箱根の農場直送の卵は、アローカナ種、名古屋コーチン烏骨鶏など5種類で、1個から購入できます。プチ贅沢な卵かけごはんが楽しめますよ〜!

f:id:coby_cova66:20150214124713j:plain

 ↑ナイスなお出汁がとれそうな(てか、絶対にとれる)削り節!

テレビ番組『鉄腕DASH』で手火山式焙乾法の鰹節(田子節)が紹介された西伊豆の「カネサ鰹節商店」の商品です。昔から西伊豆・田子に伝わる製法で手間ひまをかけて作られています。商品の解説や美味しい食べ方なども店主さんから聞けますので、わからないことは質問してみるといいですよ。

f:id:coby_cova66:20150214124631j:plain

↑西伊豆の特産品である伝統食「潮かつお」や、潮かつおを使ったふりかけなどもありますよ。

f:id:coby_cova66:20150214124456j:plain

↑沼津の名店「牛山精肉店」からの商品も扱っています。私のオススメは無香料・無添加の天然「馬油(ばーゆ)」。ハンドクリームやヘアワックスの要領で使用します。うめロク商店では、下の写真ように可愛らしいデコケースに入れて販売しています。買いそびれたので今度行った時に買いたいな~

 f:id:coby_cova66:20150214124843j:plain

馬油が置いてある棚にも注目。

f:id:coby_cova66:20150214125000j:plain

 ↓ ↓ ↓ ↓

f:id:coby_cova66:20150214125016j:plain

……ん!?キ、キヨシロー!? 

こういったディスプレイのひとつからも店主さんとの話が弾みます。そんなこんなで、気づいてみればもう3時間が経過……(苦笑)長い時間お邪魔しちゃって、本当にすみませんでした(´Д`;ヒィ

 

  現時点ではプレオープン中ということもあり、お店の中や外のディスプレイが完璧になるのは、まだまだこれから。

 

毎月第2日曜日には「リアルマルシェ 伊豆厳選市場」というマーケットイベントを開催。そのほかイベントの企画やサポートも行っているそうです。
店主の「うまいものとうまいものをつなげて、楽しいことを形にしたい」という理想が、早くも形になり始めています。

「地元で商売している人同士や、困っている人をマッチングしてつなげる、“ハブ”のような存在を目指しています。このお店自体が一つの媒体、情報発信地でありたい」と語ってくれました。

 いわば「うめロク商店」は、みんなで育てていくお店なのかもしれませんね。本格オープンの4月1日以降、店内がどのように変化・成長していくのか、とっても楽しみです。

うめロク商店facebookはこちら↓

www.facebook.com

 

【2015年6月16日追記】

このエントリーでご紹介した、うめロク商店1号店は一時閉店することになりました。このお店で販売していた商品は、沼津市西山米穀店内にある2号店、沼津市呑喰キッチンいいっしょ店内の3号店で販売しています。うめロク商店店長のロクさんは、今後も、くるら戸田で販売する新名物や地元を盛り上げるイベントなどを考えていくそうです。引き続き、応援よろしくお願いします。