読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆在住ライター小林ノリコの伊豆グルメ情報+∞ (仮)

毎週火・木曜更新。 covanonwriting.themedia.jp/

SNSやブログでプロフィールを公開していないフリーランスは人生の7~8割損している

思うこと 働き方

フェイスブックを見ていると、私のタイムラインに「○○さんがいいね!しました」や「シェア」で、すてきな写真や作品のほかメディアへの掲載・出演履歴などがたくさん流れてきます。

私のフォロワーさんやつながりにクリエイターが多いので、タイムラインの投稿のほとんどがフリーランスのクリエイティブ業と思しき人々です。

 

しかし、その多くがシェアしかできなかったり、プロフィールを見ても連絡先やホームページへのリンクが書いていなかったりする。

アカウントを辿っても、そもそもプロフィールが書かれていない。友達申請をしていないと経歴やプロフィールを見ることやすらできない人もいる。

そういう人に限ってすごく良い写真や作品をアップしている人が多くて、なかには連絡を取ってみたい人もいたりするんですよね。いつも「あぁ~、もったいないな…」と思いつつ、タイムラインをスクロールしてしまうのです。

クリエイターさんなのに仕事の幅を広げたくないのかな……それともプライベートでしかSNSを使いたくないのかなぁ……ほんとにもったいない。

 

なぬっ⁉炎上が怖い? 

ていうか……あなた炎上するほど有名人ですか? ちょっと、ブロガー&カメライターのかさこさんが書いた、↓このエントリーを読んでみて欲しい。

ネットで情報発信して批判されるのが怖い?~ネットは誰が敵か味方を見分ける踏絵になる : ブロガーかさこの好きを仕事にするセルフブランディング術

ネットが窮屈になったとかいうくだらない議論~批判を恐れず発信すればいい : ブロガーかさこの好きを仕事にするセルフブランディング術

ね?勇気が出てきたでしょう?

自分の仕事や作品に自信があってもなくても、クリエイティブなことを生業にしているのなら、プロフィールを整えてSNSをオープンにしてみてはいかがでしょうか。

 

フェイスブックだったら、投稿の設定ボタンの操作ひとつで投稿を見られる範囲が変更できます。見知らぬ人から友達申請をもらったら、「フォロー」のボタンをつけて「友達」ではなく「フォロワー」になってもらうことも一つの方法ですよね。

仕事とプライベートを分けたいのなら、仕事用のアカウントを立ち上げて、プライベート用のアカウントのプロフィールに仕事用アカウントをリンクさせる方法もあります。そしてプライベート用のアカウントはクローズにして、リアルでお会いして仲良くなった人や本当に親密な友人を個別に招待する……という手もあります(ほかにもSNSの設定を操作して可能になる手がいろいろあると思います)。

 

少しでもクリエイティブな活動をしているのなら、身内に発表するだけで満足しているなんてもったいない! SNSやブログでもって、どんどん発信してたくさんの人に見てもらえばいい。

そのためには、プロフィールをしっかり書いて公開しましょう。そして自身のブログやホームページなどにリンクさせましょう。それだけで、あなたの世界は何倍も何百倍も広がるはずです。