伊豆在住ライター小林ノリコの伊豆グルメ情報+∞ (仮)

毎週火・木曜更新。 covanonwriting.themedia.jp/

私がnoteを有料公開にしない理由

 これでも一応、文章を書く事を生業としている私ですが、今のところ自分のnoteを有料公開にしようとは思いませんなあ……。話題のプラットホームなので、とりあえず登録はしてみたけど。

 

読者だったらどんな人の記事が読みたいか考えてみる 

例えば私みたいな無名のライターが書いた、オススメの飲食店の紹介や時事ネタぼやきなんて、いくら面白く書けていたとしても、1記事100円とか200円で買うかしら? マッキー牧元さんや吉田類さんみたいな知名度のある方が書いた記事ならともかく。

好きな漫画家や作家が有料で作品を公開するのだったら、お金を払ってでも読みたい。著名な評論家やジャーナリストが、ほかの媒体では書けない独自取材の記事を有料で公開するのなら、いくらか払って読んでみたいと思う。

それって全部、自分自身(ユーザー)が「興味のある人・事柄に対して」ですよね。いくら有名でも、嫌いな作家やジャーナリスト、興味のない漫画家の作品に、わざわざお金は払わないもの。

 それに、有料コンテンツにした人が増えたからといって、優れた内容の記事がネットにあふれるとは限らない。書き手の数が増えるに従って、そのうち「クソ記事なのに金取りやがった!」「詐欺だあ!」といった苦情やトラブルがあふれるような予感がする。

逆に無料コンテンツだからといって、内容のないダメな記事ばかりだとも限らない。もし有料と無料にクオリティの差があるとしたら、文章を書く事・読んでもらうことに対する書き手の姿勢に問題があるんじゃないかと思うのですよ。

結局、有料記事に課金するかしないか、っていうのは、書き手の「ファン」か「ファンじゃない」かを分けるフィルターに過ぎないんじゃないかなあ。

うーん。「文章そのものを売る」っていうのは、形がないだけに本当に難しいものですね。

 

大抵の人は理由があって無料公開している

私がブログをやっている理由は、「伊豆でこんなライターが頑張っているよ」という宣伝のためだったり、今やっているWebライティングの仕事で覚えた手法や、本などから得た手法を試してみるためだったりします。

ですから今の段階では、有料公開にする意味が見つからないんですよね。お仕事として書く事で報酬をいただいているので、別に一般のブログ読者からお金をいただかなくても構わないです。でも、無料で公開しているからといって手抜きをしようとは思いません。手抜きするくらいなら書かずにお休みしますわよ。

これから独自取材の記事もブログやnoteに上げていきたいと考えていますが、取材した人や事柄をより多くの人に見てもらいたいと思っているので、無料のままで公開します。

 

実際に結果を出している人、有料公開にしたほうが向いてる!と実感した人はやればいいと思います。有料公開して儲かった~!というのなら、それはそれで「良かったですね」。

「儲かった」「得した」からといって、無料公開している人達を無用に煽ったり、見下したりするのは筋違いではないでしょうか。その逆もまたしかりです。

 

 

********************

伊豆在住フリーランス・ライター小林ノリコ

「かつおぼん」無料配布中です

https://covanonwriting.themedia.jp/posts/357697

 

お仕事のお問い合わせやご依頼はこちらから↓

伊豆在住フリーランスライターのウェブログ

 

プロフィールや仕事の経歴などはこちら↓

covanonwriting.themedia.jp