伊豆在住ライター小林ノリコの伊豆グルメ情報+∞ (仮)

毎週火・木曜更新。 covanonwriting.themedia.jp/

私がテレビの録画機器を買い換えなかった、たったひとつの理由

私は特段、ミニマリストを気取るつもりはないんですが、結婚してから「これは必要ないな」と思ったものは、買い替え時期を機に「その物が必要な理由」を考えるようにしています。

以前、自家用車を1台に減らしたことを書きましたが(今でもかなり読まれているエントリーです)、「あったら便利だけど、実際あんまり使わない」「本当に必要なものかな?」というものって、生活のなかで案外あるはずです。


coby-cova66.hateblo.jp

 

テレビの録画機器もそのひとつ。


ちょうど地デジ化するタイミングで、独身時代から使っていたブラウン管テレビが壊れました。テレビとセットで使っていた録画機能のあるDVD/HDプレイヤーは、地デジ対応ではなかったので、いっそ地デジ対応テレビといっしょに買い替えようと、検討することになりました。


  • スカパーに加入して以来、レンタルショップで映画のDVDを借りて観ることはほとんどなくなった。
  • 主人はテレビ番組を見るより、テレビゲームをしていることのほうが多い。
  • 私はテレビをほとんど観なくなった(観る時間がない)。
  • 録画してまで「観たい」と思う番組がない。


結婚してから生活スタイルが大幅に変わったので、テレビ自体を観る時間がかなり少なくなっていました。「買い替えなくても良い」という結論に達した最大の理由は、

録画しても、後日絶対に見ない

ということに尽きるかもしれません。


すでにアナログ波のときに録りためた番組が、HDはもとより録画済DVDが何十枚にもなっていました。その後「何度も見直したか?」と問われると、実際そうでもないんですよね。録画しっぱなしということは、その番組をすごく観たかったわけじゃないんですよ、たぶん。「いつか観る」と思っていても、保管したまま何年経っても観ていないのは、永遠に観ないのと同じことなんですよね。

「とりあえず録画しておこう」。これでは録画機器を買い替えても同じで、またDVDがあふれるだけです。

 

買い替えないと決めてから5年以上たちますが、今でもあまり必要とする機会はありません。やせ我慢しているわけではありませんよ。

主人は相変わらずオンラインゲームかスカパー、もしくはプレイステーション3経由でYouTubeを視聴することもありますし、Netflixにも加入したので、好きな時間に好きなコンテンツを見ています。

私はといえば、未だ余暇が取れないので、テレビを家でゆっくり見る時間がありません。映画を観ることが大好きなので、余暇が出れば映画館へ行って映画を観たいと思っています。そうすれば来客や義父母の世話などで中断することもないので、ストーリーにどっぷり浸ることができますから。

観たいテレビ番組があるときは、だいたいその時間に家にいることが多いので、リアルタイムで見ています。だからといって、テレビ番組の時間に振り回されることもなく、観れなかったとしてもあまり気になりません。私たちの場合は、たぶん最初から必要なかったのかも。

ここ数年で、録画機器がなくても、わりと困らないもんだということに気付きました。

 

********************

伊豆在住フリーランス・ライター小林ノリコ

「かつおぼん」無料配布中です

https://covanonwriting.themedia.jp/posts/357697

 

お仕事のお問い合わせやご依頼はこちらから↓

伊豆在住フリーランスライターのウェブログ

 

プロフィールや仕事の経歴などはこちら↓

covanonwriting.themedia.jp