読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆在住ライター小林ノリコの伊豆グルメ情報+∞ (仮)

毎週火・木曜更新。 covanonwriting.themedia.jp/

便利で何でもありの時代だけど、ものには順序というものがあるっていう話

ここ10年ほどで、ビジネスのやりかたや価値観が大きく変わった。便利な世の中になったけど、まだまだ、昔のやり方でないと通用しないこと、昔のやり方だからこそ通用することがたくさんある。

特に地方ではね。

今日はそんなお話しです。

 

ある年の12月に入ってきた超短納期の店舗取材。

  • 取材対象の店には、元請の出版社の担当が趣旨を説明済み
  • すべての店から取材OKが出ている
  • ライター(私)は電話で取材日時だけ決めて取材に行けばよい

という依頼だったのに、実際は4軒中1軒しか取材OKが取れていなかった。

そのうちの2軒から「そんな話知らん(略)」と電話口で経緯の説明を求められ、最初から説明し直した。さらにもう1軒は「とりあえず来て」と言われたので、店へ行ったらお客様の目の前でオーナーシェフから2時間も怒鳴られるという始末……。

どうやら、取材OKが取れていなかったのは、出版社の担当者(新入社員)の行き違いが原因だったらしい。


取材の準備段階の方法を聞くと、実際に掲載したい店を足で回ってアポイントを取ったのではなかったようだ。
掲載料を取らず無料で掲載するお店には、書籍掲載・取材の案内を郵送(電話でお願いした店もあるらしい)。OKの返事が帰ってきたお店を取材するという手はずになっていたそうだ。「趣旨説明済み」というのも、郵送した案内のことだったらしい。
 
まさか「担当者が面倒くさくなり、取材アポがうやむやになったまま下請会社(間に入ってくれた会社)に取材先リストが下ろされた」なんてことはないと思いますが(棒)。

その後、私に対して直接の説明がなく、間に入った会社の人から「ライターさんにゴメンネって謝っといて!」との伝言を受けただけなので、細かい経緯はとうとうわからないまま。
 
……っていうか、「ゴメンネ」で済む話かね、これ。
 
 
この出版社は当地に初進出で、その本は記念すべき第一冊目となる書籍だったのだそうだ。だったら、何カ月も前から現地へ足を運び、もっとていねいに地盤を固めていくべきではなかったか。

「掲載したいなら店まで来て頭を下げるのが筋」という考えの経営者も、土地柄少なくない。くだんの、2時間お叱りくださった店のオーナーシェフをはじめ、他の店でも同じようなお叱りをいただいた。
「掲載店舗数が多すぎるから、ひとりで挨拶回りは無理」と言うのなら、せめて電話で店長さんなりオーナーさんなりと直接話をするべきではなかっただろうか。

間に入っている会社を信頼して仕事を受けたのだが、何とも後味の悪い結果になってしまった。もっと細かく、どうやってアポを取ったのか、どの程度営業をしてどういうやり取りをしたのかなど、無理やりにでもお願いして聞いておくべきだったと反省。
 
私にとって、学ぶことがとても多い一件だった。
 

********************

伊豆在住フリーランス・ライター小林ノリコ

「かつおぼん」無料配布中です

https://covanonwriting.themedia.jp/posts/357697

 

お仕事のお問い合わせやご依頼はこちらから↓

伊豆在住フリーランスライターのウェブログ

 

プロフィールや仕事の経歴などはこちら↓

covanonwriting.themedia.jp